Luna Drop

50代内観 掃除 終活 断捨離 仏教

やる気に勝る、心の観察

今月末、父と母がオンライン面会が叶います。 母が入所して一年3ヶ月が経ちました。 振り返ると、両親はもとの暮らしに戻れない事に執着、未練の日々でした。

両親は、欲も少なく苦労を乗り越えて来ましたが、

老後の心の準備をしていなかったのが今を物語るのです。

肉体の衰えと心は別なのです。

この事は、両親を見て思います。

心は他人にはけして幸せにはできない、 それがわかると、

両親のどんな状況にも動じなくなりました。

 

 

50過ぎて、両親の衰えをサポートするのは、楽しいわけがなく。

やる気なんて、出ません。

自らの老後問題ならともかく、 親の老いに付き添うのは、

半端な決心では心を折られます。

もし年寄りに付き添うための、やる気について決心するならば

覚悟を3つご紹介します。

 

1つ  大きな決心でなくても良い。

最小で良いのです、その方が細く長く続けられます。

最小の努力なので、知力体力の変化で起こる軌道修正や、

心構え、反省もそれほどしんどくありません。

 

2つ 成功を期待しない。

喜ばれない、褒められないと腹をくくります。

最後は〔死〕で終わるのですから、 明るいプロジェクトではありません。

時々、これはご褒美かしら?と感じるような事象に遭遇する事が

あるかもしれません。 それで十分です。

親にはその日その日にムラがあり、どんなに尽くしていても

「お宅様はどなた?」となるわけです。

そんなやり取りがしょっちゅうになります。

動揺せず、観察します。

 

3つ 善友なくとも一人歩む

親の付き添いを喜んでする親族のあるなしは、

自身の業の計らいだと諦めました。

その方が身が引き締まり、良い事だけを心がけて実践する勇気が湧くのです。

他人の心がけは自分にはわからないものです。

下心や批判に流されているかいないかは、自分の事ならわかります。

もし、うまくいかなくても、それは時間の法則で機が熟していないか、

自分が蒔いた種、と気にしない事。

すっぱりと悪業を受け止めて流します。

 

暗い話を一旦おきます。 ハイライトもあるからです。

努力の結果は関係する人々を必ずや明るくします。

良い事はたとえ小さくても共有できるのです。

親の衰えは、親は隠していたいのですが (認めたがらないのですが)

観念する日があるのです。

その時のために、準備をしておく、そのようなスタンスが自分には気楽です。

 親を観察することと 自身の心も整理しておくことです。

 

 

やる気につながるかわかりませんが 心には〔栄養〕が必要です。

栄養は、余白、のようなものです。

空間、家族、親族。 知力、体力、経済力 それを超越する何か、です。

問題に対して、ちょっと距離をおく(冷静になる)という感じで。

 

リラックスしたとたん、

あるいは何も考えないとき、

完全に諦めた時など

ー余白ーのようなものが あらわれます。

じっくりと本を読むのも良いです。

気に留めた事を心にすえ実践するのです。

作業をしながら、中村先生のユーチューブを繰り返し聞くこともあります。

もし、経典の内容がわからなければ わからないまま、 今できる最善を尽くします。 粛々と過ごすこと、 静かに波立たない心でいられれば 一人の時間はすごく楽しく安らかです。

 

 

 

下記はウィキペディア、引用 サーリプッタの考える道順 編集 真人

・正しくさとった人のすべてが通ってきた道順は、

五つの蓋[25]を捨て去って、

心の煩悩を明らかに知って、

四つのことを心に思い浮かべる修行(四念処)のうちに心を安立し、

七つのさとりのことがら

[26](七覚支)を如実に修行し、

無上のさとりを完成したということであった。

 

[27] また、最初の時期には五下分結についての解釈は一定しておらず、

死後に四悪道のいずれかにおもむかせる五つの束縛という解釈もされていた。

[28] 〔25〕 五蓋の内容は、心の煩悩を明らかに知ることと、

四念処 (身念処 - この身体は不浄である、

受念処 - 感受するものは苦である、

心念処 - 心は無常である、

法念処 - すべての事物は無我・非我である)を合わせたもの。

 

ブッダ最後の旅』 岩波文庫P206注30 中村元 〔26〕

 

七つのさとりのことがらとは、

択法 教えの中から真実のものを選ぶ、

精進 一心に 努力すること、

 真実の教えを実行する

喜びに住すること、

軽安 心身を軽やかに・快適にすること、

 対象への囚われを捨てること、

 心を集中して乱さないこと、

 おもいを平らかにすること、とされる。

 

ブッダ最後の旅』 岩波文庫P250注96 中村元

ブッダ最後の旅』 岩波文庫P206注30 中村元 ^ 三界説はダンマパダやスッタニパータの中にも出ていないが、五下分結、五上分結の観念はおそらく成立していたと考えられている。三界説が成立したのは、かなり遅れてのことであるとされている。『ブッダ 神々との対話』岩波書店1986年P228 第1篇第1章第5節の注2 中村元

個人情報の保護について

「https://www.luna-drop.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年6月28日