Luna Drop

50代内観 掃除 終活 断捨離 仏教

終活では墓と葬儀の宗派を話し合っておく

 終活は元気なうちに

親の元気なうちに、親の希望する葬儀の形を

自然に話せるといいんですが、「葬儀だなんて縁起でもない」というのがご両親の正直なお気持ちなら、自分の終活として早すぎることはありません。

人間はいつ死ぬか、自分ではわからないからです。

両親は再婚同士で、単純に、母も父と一緒にお墓に入るとはいかない事情があるんですね。

簡単なのは、やはり元気なうちに、葬儀はどんな形で宗派は?と聞いておくことです。

母の答えは、ゆかりの寺は祖父の寺がそれに当たるが、祖父も郷里を離れて暮らしていたので、お寺さんとは縁もゆかりもなく見送ったので、わたしもこだわらないし、お墓もいらないよ、と言うのです。

 

初期仏教に宗派は関係なし

母には葬儀の形にこだわりがないというのですから

今の流行りの、家族葬ということになりますか。

お坊さんを呼ぶ必要もなくお墓もいらないというのですから

あっさりとしたものです。

ですので母には、心の拠り所として、宗派関係ない初期仏教をすすめるのです。

スリランカやアジアに静かに続くお釈迦様の教え、戒律を守ってきた初期仏教テーラワーダは、日本の大乗仏教の、枝分かれしていった宗派ではありません。

なので、家にご先祖様供養の仏壇があっても、それはそれで尊重するのです。

日本は西欧風の文化が浸透して、クリスマスもお正月もハロウィンもイースターもお祭り気分やイベントとして楽しみますね。我々凡夫の生きているうちのささやかな楽しみとするならば、無宗教の危うい思想ではないならば、それはただの儀式、文化です。

初期仏教は宗派ではなく、お釈迦様の教えです。どう生きるかを私たちに、「自分の事は自分で救うしかない」と厳しくも慈しみ深い、尊い教えです。その事は中村元先生に深く影響を受けました。初期仏教はれっきとした学問として成り立ちます。

www.youtube.com

 

家族の宗教観

日本には西欧風の文化も、キリスト教のイベントも、神道のイベントも、ご朱印集めなどもひっくるめて有難がったり、季節行事として何の抵抗もなく楽しむ傾向を、敬虔な宗教意識を持った外国人は不思議がるかもしれません。

夫の郷里は商売をしますから家に神棚があります。

長女は神道系の大学に通いましたが、神道を学ぶわけではなく、史学を学んだんですね。次女はミッション系の学校に通いますが、クリスチャンではありません。学校行事でミサがあれば参加します。クリスマスイベントはおごそかですし、お正月は鏡餅を飾ったりと神様を敬いながら、心の拠り所は本当には決まっていないんですね。というのも、自分の葬儀はどうしたいか?宗派は?と聞かれてちゃんと答えられる方は、常日頃から信仰者としての戒律を守っていたり、お努めに励んでいる方だと思うんですね。そういうものが実生活にないから、宗派関係ない家族葬、お坊さんの読経などもいらない、お墓は樹木葬でっていう葬儀を希望する方が増えてきたんですね。

 

入所の時に聞かれた、望む宗教はありますか?

母が入所時、質問リストに、利用者さんにご信仰はありますか?

とあり、おそらくは看取りの時のことを聞かれたのだと思います。

母は特別な信心はありませんでしたが、お墓や葬儀の事はこだわりないと申していたので、見送り方は親族で相談して決めます、と答えたんですね。

母はクリスチャンでもないし、神道でもないし、ゆかりのお寺もないので、

生前に一緒に、慈悲の瞑想はしていたなという、自分のことは自分で!の精神で母は旅立てると思うのです。

 

死ぬときは一人

死ぬときは結局、ひとりなんですね。

しかし、それまでは人間は誰かの支え、支え合いで生きていきます。

矛盾しているようで、それが現実です。

誰かの支えがあっても、心のことは、自分でしか調えられません。

自分でそれができるひとは、はじめて他人をも思いやる事ができ、

自分を嫌ったり、嫌う人の幸せも願う事ができる人格者になろうではないか、と

スマナサーラ長老が説きます。

こころの復興

 

 

 

スリランカ上座仏教長老が教える「喪失感」に負けない考え方。

ものがなくなっても、心はなくさない。

●豊かさ、貧しさは心が決める
●色眼鏡を外せば、すべてが味方になる
●「失う」ことで得られること
●インターネットで孤独は消せるか
●世の中は「無常」だからおもしろい ほか

【目次】
第一章 なぜ、仏教は心を重視するのか?
第二章 なぜ、心は壊れるのか?
第三章 「喪失感」を消す方法
第四章 「孤独感」を消す方法
第五章 仏教が教える「生と死」
第六章 明るい心をつくる

 

 

YouTubeでご先祖供養、葬儀に関して家族の宗教観とテーラワーダ信徒の折り合いについてのお説法、インドの宗教観を教わりました。

19:03分あたりから

www.youtube.com

 生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

 

 

個人情報の保護について

「https://www.luna-drop.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年6月28日