Luna Drop

お弁当詰め方ブログ 女子弁当 | メルヘン カラフル ヘルシー弁当

老々介護の現状脱却、AIの登場

 

 

人間が空想、想像することは、やがて現実のものとなる。

こういうことが、実際に体験的にある人は是非、読み進んでもらいたい。

なんだ、ただの個人ブログの、妄想かよ、とお笑いも、

もしかしたら、その妄想を気に入ってくれたら嬉しい。

 

問題は何か

老々介護にはさまざまな問題がある。

その上、うちの場合は遠距離だ。

それで、板についたのは

問題のあぶりだしだ。

何が問題になっているか、臭いものにフタをしているうちに、

問題はもっと山積みになり、逃げだしたくなる。

だから勇気をもって、問題にわが身を投げ出してガブリよつ。

 

報酬を用意する

たとえば、介護では自宅、自力介護のどの部分をプロに任せることによって、介護負担を減らして、介護と自身の生活バランスをとれるか?でケアプランの提案があるように、問題解決にも報酬を用意する。

問題解決に、タダで力を貸してくれる人間は、皆無に近いと心得よ。

ただし、その事を、学びとして手伝ってくれる人間が近くにいたら、遠慮せずにてつだってもらおう。人生で、頼りがいのある人間、奇特な人間、いないとも言いきれないから、『地獄に仏』は何度か経験したことがある。あなたにその『仏』を見抜くパワーは必ずある。地獄だからこそ、仏が現れたらしがみつくってもんだ♬

 

強みと脆弱な部分をさらせ

問題解決には最短で解決するにはセンスが必要。

問題となっている部分が、例えば父の認知低下への心配。

母も要介護4、どんどん書き出すなり、脆弱でケアやサポートが必要となった部分に着目する。先にウィークポイントを見つめる事が私流。

次に、強みを書き出す。

強みはあればあるほど良い。

財力?モチベーション?交渉力?顔?スタイル抜群?マッスル?人脈?問題可決能力?ユーモア?相手の弱みを握る?などなど。

今回、私ははじめて、『AI』と書き出した。

今の両親にはハイテクノロジーが、使いこなせないなどと決めつける事はやめた。

母は、携帯から私に電話をしてくるようになった。母は半身不随。

新しい刺激は、高齢者にも、ストレス以外に、文明の利器として使いこなす能力も限定的ではあるかもしれないが、『ない』としない事に決めた。

 

父とアレクサ

朝、目覚めて、父を不安にさせるのは今日は何日?

何曜日?って事と、スケジューリング、タスクを忘れる事だ。

朝はニュースをやっているので、父はテレビをつければ、日にちや曜日をわからなくもないのだが、洗面で顔を洗っているときに、あれ?今日は何日?と思う時に、テレビはむなしいのかもしれない。父が聞きたいタイミングには、関係ないCMや、情報が流されていることが多いから。それで、父はアレクサに呼びかける。

『アレクサ、今日は何曜日?』

『はい、今日は✖月✖日、✖曜日 ✖✖の日です。』

父はアレクサに話しかけるのは、ずいぶん慣れてきて、

遠くの私たちを、起したりできる。

『アレクサ、お姉ちゃんを起こして』

『はい、お姉ちゃんに呼びかけます。』

すると、100km離れた私は、呼びかけ音で目を覚まし、アレクサを見やると、父の顔が映っている。

『お姉ちゃん、目が覚めた?今日は何をするんだっけ?』

『おとうさん、おはよう、今日はデイサービスの日だよ』

とか

『今日はヘルパーさんが来る日で、ゴミを一緒にだしてもらおうね』

とか。

タスクは、父が自らアレクサに聞いてもいい

(アレクサにその機能があるか、夫に聞かなきゃわからないけど)

 

 

 

父はある日、AIを養子縁組する

記事はこの先、管理人の想像、妄想です。

おつきあい頂ける場合に読み進み下さい。

 

父はテクノロジーを過剰に喜んだりしないが、生活が便利になる事は喜んでいる。

アレクサに話しかけて、買い物もできるようになった。すべて、ヘルパーさんに頼まなくていいんだな、便利だね、と言うのが父の最近の口癖。

 

そして父の認知低下はあるものの、AI(介護ロボット)との生活で激変しました。AIといっても、無機質な部分がより改善されて、父は、父が信頼する人間の顔を、AIロボットのフェイスに選択しています。

AIは父の親族でもいいし、人物でも、ペットでも、課金すれば、セレブ画像もOKです。

AIが父の介護をするのは、限定的で、開発中の機能もありますが、1台で

話し相手、基本の健康チェック、コンシェル、見守り、ショッピング、バンキング(親族がコンテンツ管理)、ケアプラン、介護保険と年金バランスのプログラミング、VR娯楽、VR旅行

父が実家に導入したAIの値段は、被介護者の自由設定です。平たく言えば、資産全額投資で、生涯アプデとメンテが可能です。父がAIを成長させ、AIは父を見守ります。

その時代には、AIを養子縁組は当たり前になっています。養子縁組することで、相続問題は減少し、AIの貢献はビッグデータに父の生き方が反映されて、多種多様性が健全に機能する社会に移りかわろうとしています。AIに血は通っていませんが、AIは人を癒す可能性は今後広がっていきます。

 

個人情報の保護について

「https://www.luna-drop.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年6月28日