Luna Drop

お弁当詰め方ブログ 女子弁当 | メルヘン カラフル ヘルシー弁当

スマホカメラで食べ物をきれいに撮る方法 アプリ紹介

 

f:id:inoue-0218-yuko:20190829124354p:plain

料理記録を残す際

『食べ物が明るくてきれい』

『どんなカメラで撮影していますか?』と言うご質問。

私の撮影方法でよろしければ簡単なので、どうぞお試しください。

販促用とか、出版、ポスターなどには使えないノウハウかと思いますが、個人の記録用だとか、SNSにきれいな写真をアップしたい、という方向けの内容です。

<時間>食べ物の撮影は午前中~午後2時

 

撮影時間は、自然光が当たる、午前中か午後でも2時くらいまでがいいです。

アンダーな撮り方や照明を使う場合はこの限りではありませんが。

 

スマホのカメラでも十分にきれいな、おいしそうな写真が撮れます。

私はiPhone6 古いと言えば古い機種を使っています。クックパッドやその他のSNSサイトにはすべてiPhone6で撮影しています。

 

夕方に夕食の写真を撮るのは、午前中の写真と段違いに明るさが違うので、夕食の写真が少ないのは夕方は暗くなってしまう、と言う理由です。

 

配膳記録やお弁当、撮影時間は30秒ほど。時間をかけるとしても1~2分です。朝食時間や家を出る時間が迫っています。朝の多忙な中で、サクッと撮影しています。

(朝食は朝の6時前後、お弁当は7時までには撮影を終えていないと家族の出かける時間に間に合いません。)

 

<場所>被写体をの窓辺の棚で撮影

 

もし東の窓辺でなければ、わざわざ午前中の意味がない、とも言えます。

東から差し込む自然光は、食べ物を美しく撮影するポイントです。

今、結論みたいなことを申し上げました、これに尽きるとも言えます。

食べ物の撮影は早起きさんの“ワーク”ということになります。

冬は7時過ぎじゃないとお日様は登りませんが、

夏はすぐに日が高くなり、薄い無地のカーテン越しが良いでしょう。

 

<カメラ>料理写真ミイルカメラで撮影

変遷はあるものの、安定して使い続けている食べ物関連のアプリは

ミイル です。

play.google.com

ミイルカメラで撮影すると、画面上の中央に十字のラインと丸印が出ます。

指で丸印を左へ移動すると、食べ物が青みがかり、さらに上へと移動させると明るくなります。

反対へ動かしてみましょう。右へ移動すると食べ物は赤みが増し、下へ動かすと暗くなります。

私が好きな色は左上に移動させた食べ物写真です。

青みがかった食べ物か、赤みがかった食べ物に撮りたいかは、“好み“と言う事になります。

なので、この時 被写体は。

あなたの好みが反映した色味と、明るさで撮影!になっています。

 

背景のセット(ランチマットや一緒に撮影したいプレート、デザートなど)が揃っていれば、撮影そのものには30秒くらいです。

 

<加工>ミイルカメラで撮影、加工はインスタグラム

または

<加工>ミイルカメラで撮影、加工はスナップディッシュ

画像の加工はゆっくり落ち着いた時間を確保してから行っています。

スマホのカメラホルダーにはミイルカメラで撮影した画像が2枚保存されます。

1枚はオリジナルの明るさで。2枚目は丸印を移動して青めで明るいフィルターで撮影した画像です。このままでも十分明るいですが、さらに被写体の細部を加工します。

2019年6月くらいまではインスタグラムを使って加工していました。

インスタのフィルターは滅多に使わず、編集機能で加工が好みです。

『彩度』は控えめに。使っても5以下。5以上は好みじゃないのと、わざとらしい感じがします。

逆に『コントラスト』と『シャープ』は10以上反映させて、くっきりとした画像、食べ物のディテールや小物のエッジが効くような、印象が強くなる、のが好きです。

 

2019年6月以降は、スナップディッシュを使っています。

app-liv.jp

インスタグラムでの加工に慣れている方なら、フィルターやその他の編集機能の使い方がよく似ていて、馴染みやすいと思います。

おもしろいのは、AIカメラがあり、AIが画像のクオリティーを判定して、おいしそうな画像の編集ができると100点になる、という機能です。

私の場合はAIカメラがより良いシャッターチャンスになるのを待つ時間が、朝の撮影時には持てないので、編集加工だけ使っていますがワンタッチで加工が決まるのが便利で、急いで記録投稿したいときには重宝しています。

好きな加工は“ピクニック” “お刺身” です。

加工する前に、ミイルカメラでの撮影で、AIは100点を示すことが多いのですが、例えば、“ピクニック”を選択すると、インスタの加工より素早く好みのエッジの効いた画像になります。

こればかりは、使ってみないと食べ物の見え方の好みかな?とも思いますので、被写体の加工は試してみて、お好みの加工でお楽しみ下さい。

 

背景のセッティングがマイワールド

昨今の“わっぱブーム”でお弁当の画像なら、お弁当箱。

手ぬぐいや箸置き選びにも入念にお選びかと。

貴重な木材のお弁当箱も、テーブルウェアも高価なものが多ございます。

さらには時間や材料費をかけた献立、その記録でしたら是非にもきれいに撮りたいですよね。

食べてしまえば原型は残らないので、パシャリ。

 

例えば、器や用意するテーブルウェアが同じもの。

レシピも同じ、だとします。

ですが決して【同じ】にはならないのが『料理』ではないでしょうか。

ましてや盛り付けたプレートがヴィンテージだったり、

自分で作ったランチマットだったり。貴重なペーパーナプキンを添えたり。

撮影時間、場所までも同じにはならないわけで。

一度きりの、チャンス。一期一会のチャンス。

ワタクシの撮影ノウハウをそっくりになさったとしても、同じお料理画像にはならない、んですよね。ですので、あなたの料理画像は、オリジナル作品!です!

 

背景のセッティングはオリジナル、一瞬の光をまるで印象派の画家のように捉えて。

実は、アプリで簡単に撮影しています。

というお話しでした。

私のノウハウがお役に立てましたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

個人情報の保護について

「https://www.luna-drop.com」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

初出掲載:2019年6月28日