Luna Dropのメルヘン部屋 ~50代からの節約生活~

お弁当 詰め方 老後貯蓄 妻のディスり

お誕生日に寄せて

52歳になりました。
土曜日に家族がお祝いをしてくれて
お寿司をたくさん食べ過ぎました。
お酒もたくさん飲んでしまい、
ダイエットはいつもうまく行かない管理人です。

今朝は親友からメッセージが届き
長女からは花が届き、
夫からは骨伝導のイヤホンをプレゼントされ
次女からは素敵な手作りカードをもらい
有頂天になっております。
あたしって世界一愛されてるわ、と。
もういつ死んでもいい、という気持ちです。

土曜日の夜に、夫からこう聞かれました。
「今まで52年間の人生の中で、何が一番うれしかった?」
私は即答しました。
「子供を産んだこと」
夫の反応は、ちぇ、質問を間違えたよ。それはわかってたからな~

じゃあ、二番目は?
「家を買ったことと売った事」
それにはびっくりしていました。

さて、52歳まで生きた私はこれからどうなるのか、
今日、こんなに嬉しいのは、実は昨日もです。
死ぬのが怖くなくなった本に出合ってから
毎日がおまけみたいなものなんですね。
いつ死んでもいいな、最近、妙に、そう思うんです。

やり残したことはいっぱいありますよ。
片付けはまだまだ終わってないですから。
でも、いつ死んでも悔いがない、そう思うようになって
どんどんとおまけの日々が続くので愉快です。

それで、お金の心配や
家の心配や、さまざまな心配をする家族に
私がブログに綴っておけば、
ちょっとは言い残せる部分があると思って
こちらを始めたわけです。

毎日がおまけの人生ですから、
その日に、役に立ちたいな、と思ったことを
楽しくやるんです。
お掃除もご飯も、お使いも調べ事も。
すれ違う人は、私がるんるんしているので、
だいたいはこちらを怪訝そうに見たり
道を尋ねられるのはしょっちゅうです。

ひとつ重責を終えて、私はすごく楽になり
もうひとり次女がまだ中学生なんですが
あんまり深く考えなくなりました。

この先生きる上で、大きなことは多分自分が死ぬことだろうから、
毎日、そこへ近づいているのだから、
すぅっとあちらへ行きたいな、という、ふわっとした気持ちになるんです。
なぜだかわかりませんが、ドはまりした本一冊。

波動の法則

f:id:inoue-0218-yuko:20190218140948p:plain
https://www.amazon.co.jp/dp/B074PYXCC1/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

コノホンニモットハヤクデアイタカッタナ

スピ系が嫌いなひとでも、科学をもちいて説明してくれます。
私の場合は8章からが響きました。
私の人生はこのあとは波動が上がっていけばラッキーだし
いろいろ不安がってる家族がいたらその日にできることをしよう。
毎日、それなんです。

いやぁ、学校で、こ~ゆ~事をどうして教えてくれないのかしらね。
この本質だけわかれば、人生はすごくシンプルです。
波動とか波長とか、目に見えないものを科学で説明は、馴染めませんかねぇ…
波動とか波長に自然に身をまかせ、決心したり実行したりを続けるうちに幸福度が増した私は、ただの浮かれてる人ってことですねぇ…(笑)。イタイなぁ、イタイ…

では、その浮かれてる人、イタイ人の、話を聞いてくれる方。

心からお礼申し上げます。ありがと~

今日は、超、超、感動した本のお話しでした。
こ~ゆ~本に巡り合えて、私って超ラッキー♬
そして皆さんにもご紹介して、独り占めしないなんて
えらい、エライ♬ えらい、エライ♬